天然100%のヘナ染め

最近ヘナ染めについて、色々と研究してます。

ヘナ染め、ヘナカラーという言葉を聞いた事ある方もいらっしゃると思います。

若い方には、あまり馴染みがないかもしれませんが、ヘナってなんだっけ?という方にも知って頂きたいと思い、

現段階で、僕が理解しているところまでを、ざっくりとブログに書いていきますので、

ちょっと長くなりますが、よかったらお付き合い下さい!

ヘナカラー、ヘナ染めは、

ヘンナという植物の葉っぱを粉状にして、お湯で溶いてペースト状にして、髪を染めます。

ヘンナはミソハギ科の植物です。

詳しくはWikipediaをどうぞ

髪に使う場合、

お湯で溶いたヘナからにじみ出てくる、オレンジっぽい染料を白髪に定着しさせます。

ヘアカラーと違って、明るくする力はありませんので、黒髪は見た目にほとんど染まりません。

*髪質によって、染まりやすい方なんかは、黒髪の部分が、若干オレンジブラウンっぽくなる場合もあります。

一般的なヘアカラーと比べると髪への負担は随分少なく、

むしろ繰り返す事で、

ハリコシがでたり、

艶がでたり、

一般的に言うところのトリートメントのような効果を感じます。

これは母親をヘナで染めた時の写真です。

黒髪はそのままで、白髪のところだけオレンジが入ります。

ヘアカラーのスペックでいうと、これ以上これ以下でもありません。

基本的にやれる事は、

“白髪をキラキラ目立たせなくする”

“髪にハリコシや艶をだす”

これです。

白髪のキラキラが目立たなくなるだけでも、黒髪と白髪のゴマシオのような、コントラストが弱くなり、随分綺麗に見えます。

母親の場合は、まだ白髪が多くない10%〜30%程度なので、

“白髪と黒髪のゴマシオ的なムラがあまり好きじゃない

今までカラーをしていなかったので、コンスタントに染めるのは傷みも気になる、、、

でも、出毎があった時は、身だしなみとして綺麗に整えておきたい。”

白髪が馴染む程度に染まって、綺麗になればokという事でヘナ染めを選択しています。

ヘナのメリットは?

つづく