ヘナ染めしてるとパーマがかからない??!

普通にかかりますよ。

美容師さんにヘナ染めしているとパーマはかけれないと言われましたという方も、少なくはありません。

ヘナ染めしてるとパーマがかからない?!
ヘナはパーマがかからないからしない方がいいよ〜なんて、ヘナを知らない美容師さんがお客様に伝えているみたい。

美容師さんの中にはヘナ染め自体をよく思わない方もたくさんいらっしゃいます。

そもそもヘナ染めやインディゴ染めがよくわかっていないんです。

僕もはじめるまでは、よくわかってなかったし、学ぶ機会も場所もなかった。

実は、ほとんどの美容師さんはパーマの掛かる仕組みも知らない人がほとんどです。

ヘナブームというヘナ染めが流行した時代があったのですが、そのときに出回ったヘナが粗悪なヘナで配合してはいけない化学物質を混ぜてるものなどあったそうで、

そういった化学物質がパーマの薬剤に含まれる化学物質と反応しパーマがかからないといった現象が実際にあったようです。

僕が美容師をはじめる前くらいのお話で、医薬部外品の薬品をヘナに混ぜていたり化学色素を混ぜていたり、そもそもヘナじゃなかったり。日本でも昔はそんな事もあったんだなぁと。

いろんな混ぜ物してるヘナは、パーマと相性が悪くなり
パーマの薬品自体が反応しなくなってしまったりという現象が起きます。

今では、そういった違法な化学物質を混ぜたヘナも少なくなり、天然ヘナ100%のヘナも多くなりました。

天然100%ヘナであればパーマをかけることに問題はありません。

自宅ヘナの方も、ほとんどの方は根本染めをおススメしておりますので、毛先まで毎回ヘナを塗る方は少ないと思います。

よほど繰り返し染めない限りパーマはかかります。

ヘナが原因ではなく、

元々パーマがかかりづらい髪質の方も、もちろんいらっしゃるので、要相談ではありますが、ヘナが原因で、パーマがかからなくなる事は、あまり考えられません。

むしろ、僕の感覚だと、パーマやストレートパーマとは相性がいい気がするくらいです。

パーマとヘナはどちらが先が良い?とたまに聞かれますが、パーマかける時に、若干色が落ちるので、先にパーマがおススメです。

僕も、もっともっと勉強していきますね。